So-net無料ブログ作成
検索選択

娯楽落語 きのふはけふのものがたり [落語]

きのふはけふのものがたり(きのうはきょうのものがたり)

仮名草子。「昨日は今日の物語」とも書く。江戸初期成立の短編笑話集。2巻。作者不明。古活字版、在宅チャットレディともに諸本があり、大半は共通話であるが、諸本間の咄(はなし)の出入りも多く、ライブチャットにも差があり一定しない。1636年(寛永13)の整版本では153話。文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)(1592~1615)ごろの実在人物の滑稽譚(こっけいたん)、逸話、あるいは一般的な笑話を収める。本書の祖型とみられる『戯言養気集(ぎげんようきしゅう)』に比べると、ぐっと一般化、庶民化しており、また猥雑(わいざつ)な好色譚が多いのが特色である。

タグ:落語 娯楽

共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。