So-net無料ブログ作成

落語~落語家 桂文治4-10代目~ [落語]

桂文治4-10代目
4代(1819―67)3代目の養子。のち初代桂才賀(さいが)を名のる。
5代(1830―61)4代目の門人。文太郎童貞といったが、2代目文楽から、5代目文治を襲名。音曲師。
6代(1846―1911)4代目の実子由之助。youtube3代目文楽を経て6代目を襲名。その名は当時のしりとり歌に「桂文治は噺家(はなしか)で……」とまで歌われ、道具入り芝居咄を得意とした。
7代(1848―1928)大阪の2代目桂文団治(ぶんだんじ)が襲名。
8代(1883―1955)本名山路梅吉。6代目の養子。1922年(大正11)襲名。
9代(1902―78)本名高安留吉。1960年(昭和35)翁家(おきなや)さん馬から襲名。
10代(1924―2004)本名関口達雄。1979年(昭和54)に襲名。99(平成11)~2004年落語芸術協会会長。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。